デイケアは小さな社会みたいな日常空間 そのなかで大切にしていること

公益財団法人 積善会 曽我病院
社会復帰センター デイケア科長
看護師
河村 小織氏

■デイケアを理解していただくために

――看護師になるきっかけから教えていただけますか。

小学生の頃に手術をしたとき、病院や医療に興味を感じ、何か人のためになることをやりたいと考えていたことから、看護師をめざすようになりました。普通高校卒業後、看護専門学校で勉強をし、その後、曽我病院へ就職し、早いもので勤続30年になりました。

はじめは学校のカリキュラムのなかで精神科ってあるんだなぁと知ったくらいで、もともとは救命医療がやりたかったんです。でも救命医療は、その場の一瞬の命を助けられるんですが、その後の経過が追えないことが、わたしの性格には向いていないのかなと思いました。病院に勤務してから、地域医療のことが気になっていて、訪問看護の勉強をしていましたが、病院の勤務異動でデイケアに異動になり、デイケアでメンバーさんと向き合い、一人ひとりとかかわっていくことができてよかったと思っています。

――デイケアを理解していただくためには何が必要だと思いますか。

デイケア自体を知っている看護師は少ないと思っています。教科書でちょっと習ったけど、実際に何をしているのか知らないのかなと思って、さまざまな職種の実習を受け入れています。デイケア実習のときには、デイケアについて簡単に説明もしますが、実際に現場に入って体験してもらうと、グループのメンバーさんたちが、「ここ座りなよ」「これ一緒にやろうよ」と、声をかけてくれるんです。そのことで、実習生自身も、自然に自分を受け入れてくれているという経験をすることにもなります。実習を終えた学生さんたちからは、「楽しく過ごせました」「病気ってわからなかったです」という感想が聞かれます。体験が偏見をなくすることにつながっていることを実感させられます。

デイケアを知っていただくこと、精神科の偏見が少なくなって理解が深まるといいなと考えています。

■デイケアの利用状況

――地域資源の現状はどうですか。

横浜市などの都市部では、デイケアを行っている施設や作業所や就労支援、リワーク施設など、たくさんの支援施設や事業所がありますが、わたしたちの地域である小田原市にはデイケア施設が2ヵ所しかありません。

以前、当院のデイケアを利用していた方が、大分県の方へ引っ越したんですが、その地域にデイケアのある精神科は1ヵ所しかなかったといっていました。また、就労支援フォーラム研修会のときの話では、デイケアを経ずに、退院後すぐに作業所へいくしかない地域もあると聞き、デイケアがない地域もあるんだなと実感させられました。

地域によってニーズがいろいろあると思いますが、横浜市のように機能分化できているところでは、利用者の目的や目標に応じて選択できますが、地域にデイケア施設が2ヵ所しかない環境下にある当院では、近隣のクリニックからのデイケア希望者なども含めて受け入れの窓口を広げています。

――デイケアの利用状況についてお知らせください。

当院のデイケアは、昭和45(1970)年から社会復帰センターで行っています。一番多くメンバーさんが集まっていたころは、一日50~70人が利用されていました。現在は、周辺に就労支援センターや作業所などの支援施設も少しずつですができてきたことから、併用して利用する方も増え、いまは一日30~40人で、デイケア登録者は約130人となっています。

それだけメンバーさんが通所できる場所が増え、選択肢も広がってきたということではないでしょうか。とはいっても、就労支援事業やNPO法人などではできない、医療でのデイケアを必要としていらっしゃる方は、まだたくさんいると思いますので、外来にお知らせを掲示したり、デイケアを知っていただくための広報にも力を入れています。

――デイケアのメンバーさんについて教えてください。

メンバーさんの男女の比率としては、男性7:女性3くらいで、統合失調症のメンバーさんが主体になっています。そのほか双極性障害、発達障害、若年性認知症、身体合併症(酸素ボンベ使用)などのメンバーさんもいますが、それほど多くはありません。

デイケアは、グループに分かれてプログラムを実施していますが、各スタッフが一人ひとりのメンバーさんにいろいろ気配りをし、ニーズや症状にあわせてプログラムを利用していただいています。

スタッフは担当制で、1人が最大でも20人くらいを担当していますが、メンバーさんと個別に面談をすることで、各メンバーさんのニーズを活かすようにしています。 メンバーさんの方のなかには、週5日きている方もいますが、高齢者の方は疲れやすいことから午前中だけにしていただくとか、また、主婦で家事もこなしている方には、午前中か午後だけにしていただくというように、年齢やメンバーさんの生活スタイルにあわせて通っていただけるようにしています。

初出:『精神科医療ガイド2019』NOVA出版 2019.1より